晴れのち曇り、時々猛毒。

S3使用構築と反省



バンギラス@ラムの実
207-160-131-x-160-82
噛み砕く/追い打ち/ステルスロック/吠える

グライオン@毒々玉
169-130-146-x-112-141
地震/毒々/守る/身代わり

ラッキー@進化の輝石
331-x-62-x-151-71
地球投げ/毒々/守る/卵産み

エアームド@ゴツゴツメット
172--211-x-90-90
ドリル嘴/鉄壁/守る/羽休め

ゲンガー@ゲンガナイト
159-x-80-150-104-178
→159-x-100-190-124-200
シャドーボール/ヘドロ爆弾/守る/道連れ

ドヒドイデ@コオリZ
156-x,224-74-163-56
熱湯/黒い霧/トーチカ/自己再生



ヤミラミ入りを使った際に、追い打ち枠がいないとドヒドイデの選出が必要になった際にゲンガーにキャッチされるといった点が気になったことから再び追い打ち枠を採用した構築を使う事に。
前回使用したトーチカドヒドイデとA振りグライオンの使用感が良かった事から、前々回の構築の並びをベースに弄ったものを使った。





ここから反省点。


1.バンギラスを選出している余裕がない。

特定のポケモンを見るために2匹以上選出枠に割かなければいけないことが多く、
「ex.マンダ→ムドー+ラッキーorドヒドイデ、カグヤ→ラッキー+グライorドヒドイデ、テテフ→ラッキー+ムドー」
7世代に入ってから選出強要力の高いポケモンがかなり増えた事からゲンガー以外のポケモンに役割を持ちにくいバンギラスを出しているとすぐカバーできない範囲が生まれてしまう(4枠選出)

無理矢理選出を絞って出してはいたものの、コケコランドゲンガーリザorグロスみたいなパーティを引くだけで常に頭を抱えることになっていた。



2.毒を刺せる個体が少ない

相手に毒々を入れ、守ると回復技によって毒殺するというコンセプトの構築であったが、選出率の高いドヒドイデとエアームドから毒が抜けてしまった結果、ゲンガー絡みの選出をした際に毒を撒くことができず、受けれてはいるが相手を消耗させられないといった事がかなり多かった。
エアームドやドヒドイデの守るとトーチカは、特定の範囲を広げたり誤魔化し性能を高められる技ではあるが、それらを採用してできる穴にもっと目を向けるべきであった。



3.レーティング最終日付近以外にも手を付ける

中盤に勝率いいぞ〜って言いながら触るのやめて舐め腐ってました(完)
最終日に爆上げできる実力があるわけでもないし、上を目指すならちゃんとコツコツやりましょう。




構築的に重たいのはリザX。
また、ジャローダやカミツルギなどが入った構築に対しても選出強要をされる事が多かったり、カプ・テテフのサイコキネシスの一貫ができてしまう選出(ゲンガー+ドヒドイデムドーなど)やゲンガーがいない場合挑発持ちのカプ・テテフにどこかしら穴を作られてしまうことも多々あった。



次シーズンはゲンガーとリザードンにボコボコにされない事を意識し直します。




スポンサーサイト

|未分類 | 2017/05/17 14:51| | COMMENT(0) |
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

華音

Author:華音
考えることの苦手な人の、完全感覚Feeling系ブログ。


~来場者人数~



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR